EMS運動は本当に筋トレとして有効なのかな?

EMS運動は本当に筋トレとして有効なのかな?

「筋トレをしたい」と思いながらも、時間がなくてできない。そんな人少なくないと思います。そんな人でも筋トレが可能だと言われているのが「EMSマシン」でのながら筋トレ。

 

私も昔持っていました。ベルトタイプで腰に巻くタイプ。結構活用したのですが、これと言って効果を感じる事もなく、1年ほどでさようならしました。

 

短い間でしたが、結構使い込みましたが、全然効果がないなんて何が悪かったのか、あるいはEMS運動自体が嘘なのか?そんな風に疑ってしまいたくなりました。

 

しかし、EMSマシンの中には、トップアスリートが活用していて、歴とした効果を上げているアイテムもありますので、あながちウソではないと思っています。

 

私の持っていたのはお手頃価格の物だったので、それがダメだった原因なのかもしれません。

 

と言う私の疑問を解消すべく、今回はEMSマシンの筋トレ効果は本当かウソなのか?について検証してみたいと思います。

 

EMSの筋トレマシン、その効果はホンモノなの?

EMSマシンとは

EMSマシン“ElectricalMuscleStimulation”の略。つまり、「電気で筋肉に刺激を与える機械」の事です。

 

自ら運動しなくても、その電気刺激を与えておけば、運動したのと同じだけの効果が得られる。つまり、筋トレしなくても筋肉をアップする事が出来るというマシンなのです。

 

「筋トレしたいけれど時間がなくてできない」、あるいは「運動は苦手だけれど筋肉はつけたい」そんな風に考えた人がこぞって購入したのでしょう。これが発売された当初空前の大ヒットを飛ばしましたよね。その後も次々に改良された物が発売され、どうやら市民権を得ているように思います。

 

しかし、効果に対しては懐疑的な意見も多数あります。どうしてなのでしょうか?

 

EMSのメカニズム

1960年代頃に開発されたEMSは、もともとは医療用に活用されていました。電気の刺激で痛みの改善を行うリハビリなどに活用するというのは有名ですよね。

 

この効果が認められ、徐々に形を変えて進化を遂げ、「筋肉を刺激する事で増強する」仕組みとなったのが現代のEMSマシンなのです。

 

これは私たち一般の人だけではなく、プロスポーツ選手のトレーニングにまで採用されている程、その効果には期待が集まっているのです。

 

現代のEMSマシン

発売当初に比べて、マシン自体の性能が格段に向上し、機械の形状もどんどん変化してきました。

 

以前はベルトタイプが主流でしたが、今は肌に粘着質のゲルなどで直接貼り付けるタイプも登場していて、使い勝手はどんどん良くなってきています。実際、直接貼り付ける形状なら、洋服に響くことも少ないため、ベルトタイプに比べて、つけていられる時間が長くなっています。

 

このように、使い勝手と性能が追及された結果、EMSマシンはダイエットや筋力トレーニングに幅広く活用されるようになったのです。

 

EMSマシンの筋トレ効果の真偽は?

しかし、熱心にマシンを使ってみても、その効果を全く感じないと言う人もちらほら。これでは、EMSってインチキ?なんて思う人がいても当然のことです。

 

しかし、これはEMSのシステム自体が問題なのではなく、それをしっかりと筋肉に届ける事が出来ないマシンを選択してしまった事がその原因。

 

つまり、一見してEMS運動を起こしているマシンであっても、筋トレ効果を得られるほどの性能ではない物を選んでしまっていたと考えられるのが妥当なのです。

 

筋トレ効果のあるEMSマシンを選ぶには?

そのような、効果のないマシンを選択しないためには、「高周波+干渉波」の出力が可能なタイプの物を選択しましょう。

 

〈カラダに効果的な周波数とは?〉
「電気で筋肉に刺激を与える機械」であるEMS。その電気刺激をコントロールしているのが周波数です。この周波数が高い物でなければ筋トレ効果が得られません。また、その強い刺激を広範囲に届ける事が可能なのが干渉波です。

 

つまり、強くて広範囲に電気刺激を与える物でなければ、EMSマシンによる筋トレ効果を得る事は出来ないという事なのです。

 

しかし、この条件を備えているマシンとなると、泣かしい事に一般的には高価格帯商品。「EMSマシンには効果がない」とお嘆きならば、このような「効果が得られない商品」を購入してしまったのかもしれません。

 

まとめ

EMSマシン自体には効果があるけれども、周波数と干渉波の両方が備わっているマシンでなければ筋トレ効果が得られない、これがEMSマシンの答えでした。

 

多くの商品が発売されている中で、本当に効果のあるアイテムを選択するならば、ちょっと高価な投資になりますが、「周波数が高周波でかつ、干渉波」が出力されている物を選択しましょう。

 

そうすれば、EMSマシンでの筋トレに成功して、理想の筋肉が手に入るかもしれません。筋肉をつけると言う事は、自分への投資と同じ事。せっかくならば、「効果の望めるマシン」の選択ができるよう、しっかりと検討してください


このページの先頭へ戻る